【正論を振りかざさず相手を尊重する】

 

人それぞれ価値観が違います。

 

 

10人いれば10通りの考え方や

価値観があって当然です。

 

 

考え方や価値観が同じであれば

みんなが同じことをして

面白味が無いのかもしれません。

 

 

自分にとってこれが絶対に

正しいと思っていても

他の人からしたら別の答えが

正しい場合だって当然あります。

 

 

相手と意見が食い違った時に

自分の意見が合っているんだと

正論を振りかざして論破するのは

相手を尊重できていないからだと思います。

 

 

自分の中でどれだけ自信があって

正しいことをしていると思っても

相手には相手なりの考えがあります。

 

 

意見が食い違った時に

まずは感情的にならず冷静になって

相手と接することが必要です。

 

 

なぜ私がこんなことを言うのかというと

私自身がこれを出来ていなかったからです。

 

 

自分の答えには自信を持っているから

そのことを分かってもらいたいという一心で

感情的になって自分の想いや考えばかりを

言っていました。

 

 

しかし、人によって物事の捉え方は

異なります。

 

 

相手のことを尊重する気持ちがあれば

相手の意見をもっと受け入れられたのかも

しれません。

 

 

自分の意見を持つことは

大切なことです。

 

 

しかし、過去の私の様に

周りを見えなくなってしまっては

自分の首を絞めることになりかねません。

 

 

相手の意見も真剣に聞き

もっと正さなければならないと思ったら

少し軌道修正することが必要です。

 

 

自分の舵を取るのは自分自身です。

 

 

しかし、自分のことでも

独裁をしてしまっては

間違っているときに軌道修正が出来ません。

 

 

自分と異なる意見を聞いたときは

自分の意見を押し付けるのではなく

軌道修正させるヒントになるかもしれないという

気持ちで有難く聞きたいです^^

 

 

他人の意見は宝です^^

自分が気づいていないことも

気づかせてくれます。

 

 

そのことを心がけて

前に進んでいきたいと思います!

 

 

◆◇◆◇◆人気ブログランキング◆◇◆◇◆

 

クリックが多いほどランキング上位になる

仕組みのためとても励みになります!

 

※いいね!と違ってクリックしたことは

誰にもわかりませんしID等も不要です^^

 

あなたの協力をお願いします!!

下記のURLをクリックして頂けると

幸いです(*^^*)

◆◇◆◇↑↑クリックお願いします^^↑↑◆◇◆◇

 

 

最後まで読んで頂きありがとうございます♬

コメント・感想頂けると幸いです^^

 

 

これからもあなたにとって有益な情報を

発信していきます!

いつも読んで頂き本当に有難うございます!

 

 

川瀬喜皓

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ