【2種類の仕事】~4つのカテゴリー~

私は今まで大人になったらいい会社に勤めて

しっかりと働いて良い給料を貰いたいと思っていました。

 

会社を辞めた今でも会社員のころよりも

稼ぎたいという気持ちは持っています。

 

しかし、その稼げ方について新たな考えた方を

学びました。

 

以前、仕事には大きく分けて

2種類しかないというお話を聞きました。

 

まず一つ目が「労働収入」です。

会社員をされている人など、一般的には

これに当てはまります。

 

なにかの労働を提供してその対価として

収入を得るということです。

 

私の場合ももちろんこれに当てはまります。

会社員の場合も会社の利益を生み出すために

労働を提供してその対価として給料という

収入を得ています。

 

二つ目が「権利収入」です。

これは一つの権利で得られる収入は無限です。

 

さらに権利を持っていれば働かなくても

権利が勝手に働いてくれて収入を得られます。

 

つまり自分にもしものことが起こってしまった場合にも

権利収入を確立していれば自分の身はもちろん、

愛する家族のことも金銭的に守ることが出来ます。

 

逆に労働収入しか持っていない場合は

労働の対価として収入を得ているわけなので

働けないと収入は途絶えてしまいます。

 

もしこうなってしまった場合あなたならどうしますか?

 

何が起こるかわからない世の中で

あなたやあなたの家族を守るために

権利収入は持っておくべきだと

私は考えています。

 

権利収入には大きく4つのカテゴリーに分けられます。

 

1.不動産(家賃収入)

2.ロイヤリティー(利息や配当、印税など)

3.流通(ネットワークビジネス)

4.人材(フランチャイズ)

 

このいずれかを持つことで

あなた自身を守ることに繋がります。

 

もし、好きな仕事があってどうしても労働の仕事を

続けたいというのであれば生活費は

権利収入で賄って娯楽費を労働収入で

賄うようにしたらもしものことがあっても

安心です^^

 

健康に働けるうちに権利収入を作るというのも

長い人生の中で重要な意味を持つと思います^^

 

【人気ブログランキング】

あなたの協力をお願いします!!

下の画像をクリックして頂けると

幸いです(*^^*)

最後まで読んで頂きありがとうございます♬

コメント・感想頂けると幸いです^^

 

 

これからもあなたにとって有益な情報を発信していきます!

いつも読んで頂き本当に有難うございます!

 

川瀬喜皓

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ