【挑戦に失敗はつきもの~失敗しても諦めない精神が成功を引き寄せる~】

何かを挑戦する時、もちろん成功することをイメージして
取り組みます。

しかし、初めから成功を掴み取れるとは限りません。
むしろ失敗を経て成功を掴み取るケースの方が
多いのではないかと思います。

今ではテレビでもおなじみになった東進ハイスクールの
林修先生も幾度となく挫折を経験して這い上がった一人です。

皆様の御協力のおかげで強豪ひしめく
社長ランキング川瀬が ◯位 に!!
御協力有難うございますm(__)m

現在の順位はコチラをご覧ください!
⇓ ⇓ ⇓ ⇓ ⇓ ⇓ ⇓ ⇓ ⇓ ⇓

彼は現役で東大法学部に入学し、卒業後に
日本長期信用銀行に入行するも半年で辞めてしまいます。

というのも自己シミュレーションの結果、この会社は
倒産してしまうと判断したそうです。
結果的に日本長期信用銀行は破たんしています。

会社を辞めた後、何度か会社を立ち上げて起業するも
全て上手くいかず大きな借金だけが残りました。

その後、友達の誘いから予備校で講師をすることになりました。
塾講師のアルバイトを数年経験したのちに専任講師に就任し
生徒のやる気を引き出すスタイルが評判を呼び
東進ハイスクールの人気講師にまで上り詰めました。

そして「今でしょ」のフレーズが話題を呼び
今ではテレビに引っ張りだこの有名人になっています。

林先生が大きな借金を背負ったときにやる気をなくし
挑戦するという気持ちを失っていたら今の林先生は
いません。

諦めずに挑戦するという気持ちがあれば
何度失敗しても這い上がってこれるということを証明しています。

海外にも何度も失敗していながら這い上がった人は多くいます。
たとえば自動車会社で有名なアメリカのフォード。

フォードの創業者であるヘンリーフォードは
自動車会社を成功させるまでに7度の倒産と5度の破産を経験しています。

信じられますか?
さすがにこれだけ失敗が続いてしまうと諦めた方が
良いのではないかと思ってしまいそうですよね。

しかし、彼は決して諦めることなくアメリカを代表する
自動車会社を作り上げました。

彼はこんな言葉を残しています。

「努力が効果をあらわすまでには時間がかかる。
多くの人はそれまでに飽き、迷い、挫折する。」

まさにその通りだと思います。
結果はすぐには出ません。
努力していても結果が出るまでにある程度時間はかかります。

結果が出ないからと言ってそこで諦めたら
当然ですが結果が出ることは決してありません。

結果を出す人とは結果が出るまで諦めずに
粘り強く挑戦し続けることができる人なんです。

あなたが何かに挑戦しているなら粘り強く諦めないということを
意識してみてください。

他の人が諦めてしまう所を越えて努力し続けるから
成功という領域に入ることができるんです。

他の人と同じところで諦めていたらそれ以上の景色は見えません。

Never give up!

最後まで読んで頂いてありがとうございます♬
コメント・感想を頂けると幸いです。

これからもあなたにとって有益な情報を発信していきます!!
いつも読んで頂き本当にありがとうございますm(__)m

川瀬喜皓

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ