【人は与えられたものを使い切る~パーキンソンの法則から学んだこと~】

仕事をするにしても何をするにしても
効率が高い方法を選択すべきですよね?

効率が高いと時間も短く済んで、空いた時間を
他のことに回せたりして得です。

こういう時に意識したいのが「パーキンソンの法則」です。

パーキンソンの法則をよく理解し応用することができれば
確実に効率はあがります。

皆様の御協力のおかげで強豪ひしめく
社長ランキング川瀬が ◯位 に!!

御協力有難うございますm(__)m

現在の順位はコチラをご覧ください!

   ⇓ ⇓ ⇓ ⇓ ⇓ ⇓ ⇓ ⇓ ⇓ ⇓

パーキンソンの法則とは

第1法則「仕事の量は、完成のために与えられた時間をすべて満たすまで膨張する」
第2法則「支出の額は、収入の額に達するまで膨張する」

ということです。

つまり、人は与えられた時間とお金を全て使い切るということです。
例をあげてみます。

夏休みの宿題を最終日に慌てて終わらせたという経験が
ある人も少なくないのではないでしょうか?

これはまさにパーキンソンの法則が当てはまっている
現象のいい例です。

一カ月半ほど休みが与えられると初めのうちは
まだ休みは十分にあると思ってあまり手を付けません。

そして、最終日に慌てて終わらせるのです。
与えられた時間は全てを満たすまで使ってしまいます。

実は夏休みの宿題というのは数日あれば
終わらせることのできるものなんです。

もしも同じ宿題なのに夏休みが一カ月しかなかったとしても
最後の数日で終わらせてしまうのです。

さらには夏休みが一カ月半あった場合と一カ月しか
なかった場合でも宿題出来栄えはさほど変わらないのです。

人は与えられた時間を全て満たすまで使い切ってしまうのです。

お金に対してもパーキンソンの法則は当てはまります。
例えば収入の全てを使い切ってしまった経験のある人も
多いのではないでしょうか?

毎月20万円の収入を使い切る人は、収入が25万円に
なったとしても使い切ってしまう人も多いと思います。

今まで20万円で生活できていたなら5万円増えた分を
貯金に回せるはずですが使ってしまう人は
パーキンソンの法則が強く働いているんです。

人間は与えられたものは全て使い切ってしまうという
考えが無意識に働いてしまうんです。

このことを良く理解することが自分のためになり
効率を高めることになるんです。

第一法則に対しての対処法の一つとしては
時間管理をする必要があります。

例えば、毎日これだけはすると決めたり
時間割を作ってみるというのもいい方法だと思います。

第二法則に対しての対処法としては
給料の振込み口座を分けておいて
必要以上のお金は定期預金にしておくといいかもしれません。

このように人は意識していないとパーキンソンの法則が働いて
与えられたものを全て使い切ってしまいます。

なので、パーキンソンの法則が強く働いてしまう人は
自分の中でルールを作り、それに従って行動するということが
必要になってくるのかもしれません。

最後まで読んで頂いてありがとうございます♬
コメント・感想を頂けると幸いです。
これからもあなたにとって有益な情報を発信していきます!!
いつも読んで頂き本当にありがとうございますm(__)m
川瀬喜皓

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ