【実は誰もが影響を受けていた~自然と心を動かす色の魅力~】

牛乳パックのパッケージのほとんどが「白」と「青」だと思いませんか?
これは偶然ではなく企業戦略があるからなんです。

実は白と青を隣合せると「黄色」に見えるという
人の修正を狙っているんです。

乳製品が黄色っぽく見えると「クリーミーさ」を連想させ
人には魅力的に写って見えるんです。

こういった「色の法則」を利用した販売テクニックは
色んなところで使用されています。

皆様の御協力のおかげで強豪ひしめく
社長ランキング川瀬が ◯位 に!!

御協力有難うございますm(__)m

現在の順位はコチラをご覧ください!

   ⇓ ⇓ ⇓ ⇓ ⇓ ⇓ ⇓ ⇓ ⇓ ⇓

例えば、まったく同じ豚肉が異なるトレーで売られていたとします。
一方は白色のみのトレーに乗っているもの。
もう一方は黒色に赤色や金色でデザインされたトレーに乗っているものなら
後者の方が高級そうにみえるでしょう。

さらに、そこにパセリを添えることでパセリの緑色の反対色である
豚肉の赤色がより鮮やかに見えるんです。

色を使った販売テクニックは他にもあります。

身体を温めるカイロなどは赤色、
逆に冷却グッズは青色などいろんなところで使用されています。

さらにアメリカで行われた色に関する実験結果に
度肝を抜かれました。

部屋中を「赤色」で統一された部屋を「青色」で統一された部屋を用意し
目隠しをした被験者を部屋に入れたところ
赤い部屋では体温が上昇し、青い部屋では体温が下がったという
報告があります。

目隠しをした状態でこの結果が起こったということは
人は色を目でだけではなく、肌でも感じ取っているんです。

これだけ人は色に密接に関係しているんです。

もう一つ色の法則をいうと「黄色」と「黒」の組み合わせは
注意喚起する配色とされています。
これはJIS規格でも定められています。

それほどこの組み合わせは目につきやすい配色なんです。
しかし、この組み合わせを食品のパッケージにしようした
商品があります。

それが「カロリーメイト」

全体が黄色でロゴの文字を黒色にすることで
人の視線を引くようにしています。

さらにはロゴの下の文字がオレンジをに見えるということ。
オレンジ色には食欲をそそる効果があります。

このように人は色から様々な影響を受けています。
色が与える効果を理解すると様々な所で応用でき
生活の幅が広がります。

今ではスーパーに行った際に商品のパッケージを見て
どういった効果を狙っているのか考えるのが楽しくなりました^^

あなたもスーパーに行った際などに色に注目して
商品を見て見ると面白いかもしれません^^

最後まで読んで頂いてありがとうございます♬
コメント・感想を頂けると幸いです。

これからもあなたにとって有益な情報を発信していきます!!
いつも読んで頂き本当にありがとうございますm(__)m
川瀬喜皓

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ