【命を繋ぐ一切れのパンより読書~あなたにとってのエイミーは誰ですか?~】

あなたは読み書きができますか?

この質問にNOと答える人はまずいません。

それは学校に通い教育を受けたから、
または家で親に読み書きを教えてもらったから、
小学生のうちにある程度の読み書きは
ほとんどの人ができるようになっています。

私達は当然のように読み書きができ
簡単な計算くらいは誰でもできます。

日本では中学校まで義務教育なので
読み書きができないということは
特殊な理由がない限り考えられません。

もし今あなたに読み書きをするという能力が
無かったとしたらどうしますか?

この場合、仕事に付ける可能性はほとんどありません。
その状況で頼る身寄りも無かったとしたら。。。

皆様の御協力のおかげで強豪ひしめく
社長ブログランキング
ようやくTOP10に入ることができました!!

御協力有難うございますm(__)m

現在の順位はコチラをクリック(*’ω’*)!!

   ⇓ ⇓ ⇓ ⇓ ⇓ ⇓ ⇓ ⇓ ⇓ ⇓

アメリカのフロリダ州に住むグレッグさんという男性は
スポーツ指導のパーソナルトレーナーをしています。

スーツを着て仕事へ向かう通り道の路地裏に
みすぼらしい身なりをした中年女性のエイミーがいました。
エイミーは帰る家のないホームレスです。

スーツを着て出勤を急ぐビジネスマンが、
みすぼらしい身なりをした物乞いに声を掛けられることなど
日常茶飯事でグレッグさんにとっても珍しいことではありません。

でもエイミーさんはグレッグさんに対して、
物乞いは一切しませんでした。

ただ毎朝、笑顔で彼に向かってシンプルなあいさつの
言葉をかけてくるだけでした。

「今日も素敵な1日を!あなたに神様のご加護があらんことを…

そんなあいさつを毎朝交わしているうちに、
いつしか2人は一緒にランチをするまで打ち解けるようになります。
そしてある日、グレッグさんは彼女に問いかけます。

「エイミー、君はなぜ働こうとしないんだ?」

人には人それぞれ事情があることはグレッグさんも百も承知。
でも彼女の人となりや性格を知っていくにつれて、
エイミーさんのような女性がどうしてホームレスになってしまったのか、
グレッグさんは不思議に思いました。

彼の質問に対し、エイミーさんは静かに答えます。

「私は読み書きができなくてね、だから仕事が見つからないの…」

彼女は喫煙や酒もギャンブルもやらず、
薬物にも手を出したことはありません。

なのにごく普通の教育さえ受けさせてもらえなかった為に、
定職にも就けずホームレスにその身を落とし、
いままで生きてきたのです。

エイミーさんはこう続けます。

「だからお金が少しでもあるときは、ご飯を買わずに
図書館へ行って本を借りているの。
はやく読み書きができるようになりたいのよ」

命をつなぐパンをひとつ買うよりも、
読み書きを学ぶための本を1冊借りたい。

毎日の食事より読み書きの学習を優先しなければならない
ホームレスの中年女性がいる。

その現実に直面したグレッグさんは、
まるで爆弾を投下されたような衝撃を受けたのです。

そして、グレッグさんは彼女に“ある提案”をすることに…。

「僕が図書館で本を借りる、君は浮いたお金でパンを買うんだ

グレッグさんの提案とは、グレッグさんが図書館で
本を借りてくるから、その浮いた分のお金で、エイミーさんが
自分の食料を買うというものでした。

それから毎週火曜日のランチタイムは、グレッグさんが
図書館から借りてきた本をエイミーさんと一緒に読むという、
“読み書きレッスンの時間”へと変わったのです。

「僕には教育も食事も欲しい物も、何不自由なく
与えてくれる両親がいた。でもエイミーにはいなかった。」

一歩違っていたら、自分もエイミーと同じ境遇にい
たのかもしれない…。

ご自身の恵まれた環境に感謝する一方で、
自分に何ができるのかを改めて認識することができたグレッグさん。

誰かを救うことは、“朝のあいさつ”をすることのように簡単なこと。
ホームレスのなかには「働かない」のではなく、
「働けない」理由がある人もいる。

ホームレスだからといってだらしのない人ということではありません。

この件に限った話ではなく、思い込みや
先入観を取り払って向き合うべきこともあります。

先入観は時として本質を知らないまま誤解を生み
間違った方向に進むこともあります。

グレッグさんはエイミーさんに対して誠実に向き合い
相手の本質を見抜いたのです。

そして相手のために自分には何ができるのかを考え
実行に移した。

実際にしたことは図書館で本を借りて
ランチタイムを読み書きのレッスンに替えたということです。

これは誰にだってできることです。

しかし、この誰にだってできることができる人は
なかなかいません。

自分のことを差し置いてでも
相手のために何かしてあげたいという
豊かな気持ちがあったからこそできたことです。

この気持ちがあるグレッグさんは本当に
素敵だと思います^^

誠実な態度と先入観にとらわれないことの
大切さを教えてもらいました。

最後まで読んで頂いてありがとうございます♬
コメント・感想を頂けると幸いです。

これからもあなたにとって有益な情報を発信していきます!!
いつも読んで頂き本当にありがとうございますm(__)m

川瀬喜皓

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ