【エルメスの財布を拾ったホームレス~想像を超える恩返し~】

道を歩いているときに財布を拾ったらどうしますか?
その中に、自分の月収の何倍ものお金が入っていたら?

皆様の御協力のおかげで強豪ひしめく
社長ブログランキング上位に入ることができ、
過去最高の順位を記録しました!!

御協力有難うございますm(__)m

現在の順位はコチラをクリック(*’ω’*)!!

   ⇓ ⇓ ⇓ ⇓ ⇓ ⇓ ⇓ ⇓ ⇓ ⇓

日本は財布を落としても、自分の元に帰ってくる確率が
世界で一番高いと言われています。

しかし、海外ではそうはいきません。
海外で財布を落としてしまったら、まず手元には
帰ってこないと思っていた方が良いでしょう。

万が一帰ってきたとしても中身が空っぽということは
良くある話です。

そんな中、タイでとてもほっこりする出来事がありました。

ホームレスとして暮らしていたワラロップさん44歳は、
ある日道に落ちていた財布を拾いました。

当時のワラロップさんの所持金はわずか9タイバーツ(約26円)。
財布の中を見てみるとクレジットカードと
現金2万タイバーツ(約5万9千円)が入っていました。

中には自分が当分凌げるだけのお金が入っていたにも関わらず、
ワラロップさんは手を付けずに財布をそのまま地元の警察へ届けました。

警察から連絡を受けた落とし主は、
「自分が財布を落としたことさえ気付いていなかった」
というニーティさん(30歳)は、中身に全く手を付けずに
警察へ届けてくれたワラロップさんの正直さにいたく感動し、
謝礼を一割渡そうとしました。

でも、彼がホームレスということを考慮して
仕事と住処を提供することを思いついたのです。

二ーティーさんはバンコクのある工場の社長だったんです。

ワラロップさんは、地下鉄ホームへと向かう階段の近くで、
ニーティさんが財布を落とした瞬間を見たそうです。
距離があったために、財布を拾い追いかけたものの
見失ってしまったのだとか。

二ーティーさんはバンコクで工場を経営しており、
ワラロップさんに工場での仕事と住処を提供。

そして二ーティーさんの恋人はSNSでワラロップさんの正直さは、
今の私たちに最も必要なことではないかと
その行為を称賛したメッセージを投稿しました。

現在、ワラロップさんはメタル製品を扱う工場で仕事をしており、
1万1千タイバーツ(約3万2千円)の給料をもらって生活しています。

住む場所も無料で提供してもらえて仕事も見つかったワラロップさんは、

「人生をやり直すきっかけを与えてくれた二ーティーさんには
深く感謝しています。
綺麗なシーツがかけられたベッドで寝ることができるのは、
何より幸せです」

と語っています。

今回財布を拾ってもらった二ーティーさんは

「僕がホームレスで同じ状況だったら、
きっとお金を盗んでると思います。
きっとそうする人がほとんどでしょう。
ワラロップさんのような正直な人がいるということを、
私たちはもっと広めるべきです」

とメディアのインタビューで語っています。

自分の月収の何倍ものお金を拾って
そのお金に手を付けることなく警察に届けられる人が
どれだけいるでしょうか?

しかも自分が住む家もないホームレスだったとしたら
どうでしょうか。

拾ったものを警察に届けるということは
一見当たり前のことではありますが
お金に困っている状況であってもこういうことを
当たり前にできるって本当に素敵ですよね^^

落とした人が困っていると思ったからこういった
行動ができたのでしょう。

人のためを思って行動できる人は
周りの人から愛され信用されます。

自分の事しか考えていなければ
周りの人にもその気持ちは伝わってしまい
信用を失い、自分が困ったときに誰からも
救いの手を差し伸べられないかもしれません。

ワラロップさんはこの行いによって感謝され
信用されたからこそ、このようなチャンスを
掴み取ることができました。

自分の中の正義に勝ち、相手を思いやる気持ちが
あったからこそ今の生活があります。

自分に正直に生きることの大切さを教えてもらいました。

最後まで読んで頂いてありがとうございます♬
コメント・感想を頂けると幸いです。
これからもあなたにとって有益な情報を発信していきます!!
いつも読んで頂き本当にありがとうございますm(__)m

川瀬喜皓

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ