【周りの意見に惑わされずあなたの人生をあなたで決める】

あなたは何かを決める際に迷ったり、

自信がなくて周りの人の意見を聞いたりしますか?

人は自分に知識や経験が少なく
何かに躓いたり迷った際には
周りの人がどう考えているかを
聞きたくなると思います。

正しいことを判断しようと思ったときは
周りの人に相談するというのも一つの手段です。

周りの人の意見を聞き、それをあなたの中で消化させ
他人の方の意見とあなたの考えを総合的に考え
結論を導き出すということも
正しい答えを出すいい方法なのかもしれません。

しかし、これがいつでも良いとは限りません。
相談する内容は人によって様々です。

もし、相談したい内容の答えが
あなたの中でほぼ決定していたら。

それが挑戦しようと思っていることで
挑戦してみたい気持ちがあるのに
失敗するかもしれないから現状維持でも
いいのではないかと言われてしまったら。

何かを挑戦する際に失敗した時のことを考えるのは
普通の事だと思います。

相談を受けた人も、相談者の事を考えて
リスクの提示をすのも当然です。

では相談を受けた人がリスクを取らずに
現状維持をするのが良いと考えている場合
もちろん挑戦することに否定的な意見を言うでしょう。

この意見を聞いた時に、本当は挑戦することが
あなたの中でほぼ決まっていたとしても
諦めてしまうかもしれません。

そして10年後、20年後に
あの時もし挑戦していたらどうなっていたのだろう。
挑戦しておけばよかったなと思うでしょう。

あなたの何気ない相談であなたの人生を
後悔してもいいのですか?

相談をして人生を変えることができずに後悔するのは
相談を受けた人ではなく、あなた自身なのです。

ここまで、相談をすることが
悪いと思われることを書きましたが
相談によってあなたの人生を良くするときも
もちろんあります。

相談することによって失敗を
未然に防いでくれるかもしれません。

あなたが間違った方向に進もうとしているときに
正しい方向に軌道修正してくれるかもしれません。
これも必要なことではあります。

しかし、毎回毎回困ったときに人の意見を聞かないと
決断を下せないようでは成長がありません。

否定的な意見を言われても、
その意見をはねのけてでも行動に移す勇気も
必要なことです。

そして、あなたの力でリスクを押しのけ
成功を掴むことが必要なんです。

どうしても相談したいときもあると思います。
何があってもしたいことがあって
相談しないとアクションを起こせないと思ったら
肯定的な意見をくれる人に相談することを
お勧めします。

私は会社を辞めて起業する際に
誰にも相談しませんでした。

家族にさえ言いませんでした。

それは心配され反対されるかもしれないと
思ったからです。

もし、私が会社を辞める前に相談していたら
間違いなく反対されていたと思います。

そこで起業することを諦めていたら
今の私はいません。

もし、相談して反対されていたとしても
私は会社を辞めて起業していたと思います。

ここまで育ててくれた親には本当に感謝しています。
自分勝手かもしれませんがこれは私の人生であり
親に起業してくれとお願いしているわけではありません。

もしお金に困っても親や家族を頼るつもりもなく、
当然のことではありますが自分の責任の中で
全てを自分で背負う覚悟があったので
もし反対されていたとしても
諦めていなかったと思います。

しかし、この後どうなるか分からないという
心配や不安を家族に与えることになっていたでしょう。

だから、私は起業してある程度軌道に乗ってから
家族に打ち明けました。

私自身に起業して絶対に成功を掴み取るという
熱い気持ちがあったからそうしました。

あなたの人生を設計し組み立て築き上げていくのは
あなた自身しかいないんです。

何かに挑戦したいと思ったら
周りの人が反対したとしても
それをはねのけてでも
絶対に掴み取るという熱い気持ちが
全てを解決させてくれるのだと思っています。

社長ブログランキング応援クリックお願いします!!

     ⇓ ⇓ ⇓ ⇓ ⇓ ⇓ ⇓ ⇓ ⇓

これからもあなたにとって、

有益な情報を発信していきます!!

いつも読んで頂き本当にありがとうございます。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ