【大切なのは将来の夢ではなく夢を見つけたときにどうするか】

子供の頃の夢は何でしたか??

私が保育園児の頃は消防士になりたいと思っていました。

家にあった絵本に消防士のことが載っていて

純粋にかっこいいなと思ったからです。

その頃は特に特別な思いがあったというわけではなく、

火事が起こった現場に向かい消火活動をする姿に

かっこよさを感じたんだと思います。

それと消防車が赤色というところに。笑

子供の頃って消防車がかっこよく見えたんですよね。

インパクトのある赤色とあの装備に。

男の子は一度は憧れる職業じゃないかなと思います。

私もその一人でした。

こんな理由で、なんとなく思っていた夢でしたので

小学校に上がるまでにその夢は頭から自然と消えていました。

小学生のときは特に将来の夢は無かったと思います。

普通はスポーツ選手になりたいとか医者になりたいと思う頃ですよね?

元気のいい子は社長になるとか言ってたりして。

おそらく、将来のことについてあんまり興味が無かったのかもしれません。

それよりも、毎日なにして遊ぶかの方が重要だったのでしょう。笑

しかし、中学生の頃には将来教師になりたいと思っていました。

私は人に何かを教えるということが好きでした。

自分が教えて分かってもらえた時に喜びを感じていたからです。

私は中学生になった当初、勉強が凄く苦手でした。

というよりは、ほとんどしていませんでした。

塾には行っていたのですが、みんなと同じ授業を受けているのに

自分だけが理解できていないことが頻繁にありました。

しかし、そこから徐々に勉強しだして人に教えれるようになっていました。

自分が元々勉強を理解するということが苦手だったので

理解できない人のことが理解でき、教えるということが得意でした。

そういう経験があったので、将来は教師になろうと思っていました。

単純に教団に立つことに憧れていたということもありますが。笑

しかし、高校生になった時は教師になりたいという思いも

自然と消えていて、自分が将来何をしたいのか分かりませんでした。

したいことがわからなかったので大学に進学する際も

特にこだわりもなく学部・学科を選んでいました。

自分では大学でしたいことを見つけるんだ!!

と、思っていましたが四年間で見つかることはありませんでした。

就職活動の際も、こだわってこれがしたいんだ!!

と、言えるものがなかったために正直なことを言うと

給料の良さそうな会社にエントリーしていました。

今思えば、この時までに自分のことについてもっと真剣に

見つめ合っておくべきだったなと思います。

したいことにこだわった就職ではなかったので

会社員になってからも頑張り度は人並みといったところでした。

そんな自分があまり好きではなく、

自分に対して疑問さえ持つようになっていました。

自分はこのままでいいのか?

この会社で定年を迎えたときに後悔は残らないか?

自分の人生は最高だったと胸を張れるのか?

私は自分に問いかけた質問全てに

「No」

を出していました。

今は起業してフリーエージェントとして仕事をし、

お金を頂いています。

しかし、起業やフリーエージェントになるということが

夢だったわけではありません。

起業しフリーエージェントになるということは

今の夢を叶えるための必要事項なだけです。

私は起業することが夢だったわけではなく、

本気で叶えたいと思える夢ができ、

それを叶えるための最初の目標を達成しただけにすぎません。

少し遅いかもしれませんが会社員になった後に

自分と真剣に見つめ合えることができ、

そこで夢を見つけたのでそのとき行動に移しました。

したいことが見つかったときに行動できる勇気さえあれば

何歳からスタートしてもいいのです。

これからも、やっと見つけた夢を叶えるために

日々、精進していきたいと思います。

社長ブログランキング応援クリックお願いします!!

    ⇓  ⇓  ⇓  ⇓  ⇓  ⇓  ⇓  ⇓  ⇓  ⇓  ⇓

これからもあなたにとって、

有益な情報を発信していくことをお約束いたします。

いつも読んで頂き本当にありがとうございます。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ