友人の何気ない言葉が心に刺さり、今の自分があることを認識する。

あなたに『座右の銘』はありますか??

私がまだ会社員をしていたころ、

友人と食事に行った際の何気ない会話でした。

その時、その友人も会社員をしていたのですが、

ゆくゆくは会社を辞めて起業したいと話していました。

その頃の私は、会社を辞めて起業したいなんて気持ちは無く、

まだ20代なのに凄いことを考えてるなと思っていました。

彼の話しは、当時の私にとって凄く刺激的で

新鮮な話しばかりでした。

私は彼の話を同い年の話しとは思えず、

ただただ尊敬の眼差しで聞いていたことを覚えています。

その会話の中で、起業をするにあたって

なにが大切だと思うのかを聞きました。

すると彼は、俺の座右の銘はこれだと言いました。

「かけた恩は水に流せ、受けた恩は石に刻め」

この言葉は、自分が周りの人にしてあげたことに

見返りを求めずに水に流し、

周りの人から頂いた恩は、絶対に忘れるなということです。


『give and take』

と、言う言葉もありますが、

これは逆の言葉だと私は思っています。

自分が何かしてあげたのだから

その見返りに何かを求めるのではなく

見返りを求めずに自分が相手のために何かを

してあげようと思う気持ちって素敵だなと思いました。

私が今まで見てきた人の中に

これを自然に実践している人を見たことがあります。

その人は自分が忙しいのにもかかわらず

他人のために時間を割き、

他人のために動く人でした。

それは見返りを求めるどころか、

自分の睡眠を削って、私には損しているようにさえ見えていました。

しかし、周りにいる人はその人が他人のために

いつでも動いているのを知っているので

色んな人から凄く信頼されていました。

その人は既に起業していたのですが

仕事でなにかトラブルがあったときは

何も言わなくても周りの人が勝手に助けていました。

見返りを求めていなくても人のために行動できる人は、

見返りを求めて行動する人よりも人に愛されているんだなと

思ったことがありました。

私は会社を辞めて、フリーエージェントとなりました。

特に従業員を雇っているわけではないので

一人で働いています。

自分がお金を稼ぐために、自分が自由を手に入れるために

仕事をしているという認識でした。

しかし、それでは自己中心的な考えが先行してしまい

間違った方向に進んでしまうのではないかと感じ、

軌道修正する必要があると感じたんです。

まだ起業して日は浅く未熟な私ですが、

これからは人のために動ける人間になれるように

意識していきたいと思います。

社長ブログランキング応援クリックお願いします!!

     ⇓ ⇓ ⇓ ⇓ ⇓ ⇓ ⇓ ⇓ ⇓

これからもあなたにとって、

有益な情報を発信していきます!!

いつも読んで頂き本当にありがとうございます。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ