【祝】イチロー選手メジャー通算3000本安打!!この記録達成から感じたこととは。

ついにイチロー選手がメジャー通算3000本安打を

達成されましたね!!

3000本目のヒットはライトフェンス直撃の当たりで、

快速を飛ばして三塁まで行きました。

節目の一本をスリーベースヒットで決めるところが

またかっこいいですね!

メジャーリーグでは至上30人目となる

大記録の達成に、日本のみならず

世界が祝福していることでしょう。

また、達成した瞬間にチームメイトが走ってきて

笑顔で抱き合っている姿も印象的でした。

仲間の大記録達成をこれほどまでに

喜んでいる姿を見て、

イチロー選手がいかにチームメイトに

愛されているかがうかがえました。

これはイチロー選手が野球に真剣に取り組む姿勢や

大記録達成にかかる重圧を

間近で見ているチームメイトだからこそ

その苦労が人一倍共感できたのでしょう。

特に印象的だったのはベンチに戻ったときに、

サングラスをかけ目元を抑えている姿です。

おそらく涙が出るのを見られないように

サングラスをかけていたのではと思います。

そういう姿を見せないところに

どこか男らしさを感じ、

イチロー選手らしいなと思いました。

私は以前、イチロー選手が

2000本安打を達成された時のことを

記事に書かせて頂き、

その時のインタビューでのコメントについて

記事にさせて頂きました。

その際の記事はコチラから。

尊敬するイチロー選手の言葉を聞いて意外な所に感銘を受けた

今回の会見でどういう発言をされるのかを

注目していました。

会見の中でイチロー選手はこういう発言をされています。

「記録を達成した瞬間にチームメイトがあんなに喜んでくれ、

 僕が何かをすることで僕以外の人達が喜んでくれることが

 今の僕にとって何よりも大事なものだということを

 再認識した瞬間だった。」

これは周りの人達を大切にしているからこそ

感じることではないでしょうか?

人には、他者から認められたい欲求があります。

欲求というものには限度が無く、

どれだけでも欲しいと感じると思います。

これは既に世間から、その功績を認められている

イチロー選手も例外ではないと思います。

しかし、この発言には自分が自分以外の人に

喜びを提供したいという強い思いが感じられました。

野球選手としても、一人の人間としても

素晴らし人だからこそ、

これほど偉大な記録を達成できたのではないかと思います。

さらに、こういう発言もされています。

「この何日かは特にしんどかった。苦しい時間でした。

 でも、この瞬間とても満足ですし

 それを味わうと、また次へのやる気

 モチベーションが生まれてくると経験上信じている。

 これからもそうでありたいと思っています。」

イチロー選手は大きなことを成し遂げることによって

モチベーションを生み出し、

これほどまでに偉大な選手となっても

更に努力をし続ける姿勢を本当に尊敬します。

なにか目標を達成しても、その喜びをモチベーションに変え、

さらなる努力をしていきたいと思いました。

進化を進めるのも自分。

進化を止めるのも自分。

イチロー選手の大記録達成から感じたことでした。

ブログランキング応援クリックお願いします!!

     ⇓ ⇓ ⇓ ⇓ ⇓ ⇓ ⇓ ⇓ ⇓

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ